AGA治療

病院でハゲを治そう!AGAクリニックならではの効果とポイント

投稿日:2016年10月17日 更新日:

ハゲを本気で治したいとき、あなたならどういうアプローチを実践しますか?市販の育毛剤?それとも食生活を見直したり、運動を始めたりでしょうか。

最近、こうした昔ながらの対策はほとんど意味がないことがわかってきました。

確実に薄毛を治したいなら、やはり専門医の治療を受けられるAGAクリニックが一番です。

ハゲ完治を最短で目指せるAGAクリニックについてまとめます。

AGAクリニックでは最適な治療が行われる

「ハゲは男の宿命」、「一度ハゲになったら絶対治らない」

少し前まで、そんな『常識』が当たり前のように一人歩きしていました。

たしかに、昔はハゲを治したくても有効なアプローチがなく、すぐバレるようなカツラを被ったり、帽子でゴマかすぐらいしか方法がありませんでした。

少しでも前向きにハゲを何とかしたい。そんな人だって市販の育毛剤をせっせと塗ってはブラシや指で頭皮マッサージを頑張るのが関の山。

あとは食べ物や運動不足を改善して生活習慣を見直すぐらいのものしかなかったからです。

ですが、こうした涙ぐましい努力も、目に見えるような成果を挙げたという話はほとんど聞かないままではないでしょうか。

ハゲる原因と対策が判明

現代のように薄毛治療が進展した位置から振り返ると、本当の薄毛の原因がわかってきたのはつい最近だからです。

つまり、夜な夜なオジサンたちが頑張っていた日々。それは残念ながら、無駄な努力の部分が大きかったのでした。

しかし、1980年代以降、それまでの常識を覆す画期的な治療薬が登場します。

それが、現在につながる男性型脱毛症(AGA)治療のメインストリーム、ミノキシジルとプロペシアの発売です。

薄毛の根本的な原因にスポットを当て、深いレベルから髪の再生を促す二大治療薬。

実際、治療を受けた人たちは、発毛を実感して自分の髪を取り戻す喜びを得たのです。

なぜ、ミノキシジルとプロペシアがこれほどまでハゲに有効なのでしょうか。

それは、どちらの薬剤もヘアサイクルを医学的に捉え直し、ピンポイントの発毛促進効果をもたらすものだからです。
ミノキシジルは発毛を司る毛乳頭細胞そのものを活性化します。

また、プロペシアは抜け毛や髪の成長不良の原因となる男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を防いで、髪の毛が正常に育つサポートをします。

世界中の薄毛治療の現場で広く使われている2種類の治療薬。

医薬品の使用に厳しい日本でも、その効果は認められています。

国内で薄毛治療の研究者が集まる皮膚科学会でも、ミノキシジルとプロペシアの有効性が確認されていて、積極的に治療に応用されているのです。

科学的に高い評価を得ている

日本皮膚科学会は「男性型脱毛症診療ガイドライン」という男性薄毛治療の指針を発表しています。

これによると、数ある薄毛治療薬の中でミノキシジルとフィナステリドのみ推奨度最高レベルであるAランクに位置づけているほどです。

つまり、いま本気で薄毛を治したいなら、ミノキシジルとフィナステリドを主軸に治療を進めるのが最大のショートカットであるといえます。

こうしたAGA治療薬を一般の私たちでも使う方法は次の3つが考えられます。

  1. AGAクリニックに行く
  2. 皮膚科に行く
  3. 個人輸入で薬を買う

まず、個人輸入は手続きや関税の手間があったり、素人が医薬品を使う際のリスクが大きかったりといくつかのデメリットが残ります。

最近はミノキシジルやフィナステリドなどを扱っている皮膚科が増えているので、街のクリニックに通えばある程度の効果は得られるかも知れません。

ですが、やはり精通した薄毛治療の専門医の治療を受けることがもっともおすすめできます。

なぜ、薄毛治療のエクスパートの治療が受けられるAGAクリニックがおすすめなのでしょうか。

ここからは、専門医ならではのメリットはもちろん、考えられるデメリットも合わせてご紹介しましょう。

メリットとデメリット

メリット

なんといっても、AGAのスペシャリストである薄毛治療の専門医が診療をしていることです。

AGAクリニックの医師は男性型脱毛症の治療経験が豊富で、一般の皮膚科より効果的な発毛へとリードしてくれます。

診察や治療の進め方も専門クリニックならではの丁寧な流れが期待できます。

AGAクリニックでは血液検査や頭皮チェックなど、薄毛治療の独自アプローチによって多方向から最適な薄毛治療の方策を立てます。

副作用を避ける為、治療薬との相性や処方量の調整を通して、患者に合わせてオーダーメイドの医療が受けられます。

また、専門医だからこそ薄毛治療に関する知識や経験が豊富にあります。

些細な疑問や不安も正面から受け止めてくれるため、丁寧な説明や治療が受けられます。

自分だけで個人輸入の治療薬や育毛剤を使い続けるより、確かな方向性を示してくれる専門医の存在はハゲを治そうというモチベーションを高く維持します。

診療のたびにメンタル面でのフォローしたり、定期的に頭部の薄毛部分の画像を撮影して、患者と一緒に治療の成果を確かめるなど、続ける自信を持たせるアプローチがいっぱいです。

参考:雨上がりの宮迫さんはどうやってハゲを治療したのか

デメリット

大きなデメリットは「クリニック不足」と「割高な治療代」です。

まず、全国的にAGAを専門とするクリニックは不足しています。

ここ数年で都市部を中心に増加しているものの、少し地方に目を向けるとまだまだというのが現状です。

また、治療費にまとまった金額が掛かります。

一般皮膚科で治療薬を処方してもらうだけとはちがい、さまざまな角度から専門的な診療が行われるため、どうしても月々の治療費がかさんでしまうのです。

平均して1ヶ月あたり3万円以上、年間40万円程度は見込んでおく必要があります。

しかし、こうしたデメリットも翻せば、それだけAGAクリニックの治療効果が高いがゆえといえるでしょう。通院の手間や治療費の用意さえクリアできば、治療開始から一年程度で髪の毛は大幅に回復します。

一定の治療成果が挙がれば、そこからは毛量を維持していくためのサポート的な治療が主になるため、治療費も大幅に抑えることができます。

一般的に治療開始一年もすれば、月々1万円以下の治療費です。

薄毛治療の専門医の治療が受けられるAGAクリニック。現段階で考えられるもっとも確実なハゲを治せるアプローチです。

ぜひ無料のカウンセリングを受けて、どういった治療をしてもらえるのか相談してみることをおすすめします。

-AGA治療

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.