育毛対策

AGAの傾向は遺伝子検査でわかる

投稿日:2015年1月19日 更新日:

AGAの発症しやすさは遺伝子が関係します。もしかして薄毛が始まっている?と心配ならAGA遺伝子検査キットを試してみることをおすすめします。

AGA遺伝子検査でわかること

AGA遺伝子検査では次のことがわかります。

  • AGAを発症するリスク
  • プロペシアによる治療効果の予測

遺伝子検査では現在、AGAになっているかは分かりません。しかし、発症の可能性を知ることができます。

検査の結果、AGAになる可能性が高くて、現在、髪のボリュームが減っている、髪が薄くなっているという傾向が表れているのならAGAになっていると考えて間違いありません。遺伝子検査はAGAを判断する材料の一つになってくれます。

また、今後プロペシアで薄毛治療を始める場合、プロペシアがどの程度、薄毛治療に効果を上げるのかを示してくれます。

遺伝子検査キットの公式サイトへ行く

自宅で検査できる

AGAによる遺伝子検査は、検査キットを利用すれば手軽に結果を知ることができます。検査キットを利用する場合の手順は次のとおりです。

  1. 検査キットを注文する
  2. 検査キットが自宅に届く
  3. 検体を採取する(頬の内側の粘膜を綿棒でこすりとる)
  4. 検体を検査機関に送る
  5. 検査が終わったら検査結果が自宅に届く

薄毛対策を始めるのなら自分の薄毛の原因をまず把握しなくてはなりません。原因を知らないと対策のとりようがありません。AGA遺伝子検査キットは原因を絞り込む優れたツールです。

よくある質問

Q:検査にかかる時間は?

A:頬の粘膜をこするだけなので数分もかからずに完了します。

Q:検査結果はどのくらいで分かる?

A:検体が検査機関に届いてから約1ヶ月で結果がわかります。

遺伝子検査キットの公式サイトへ行く

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-育毛対策
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.