食事と育毛

アルコールは薄毛の原因になるのか

投稿日:2015年1月19日 更新日:

酒は百薬の長と言われますが飲み過ぎると体に悪いことはよく知られています。

飲み過ぎが直接的に髪に悪い影響を与えることはありません。しかし、過度の飲酒で身体を壊せば髪の成長も滞るなど間接的な影響はあります。

アルコールのメリットとデメリット

メリット

飲酒のメリットには次のものがあります。

  • ストレス解消
  • 人間関係の円滑化(飲みニケーション)
  • 血行改善(冷え性改善)

デメリット

一方、飲酒のデメリットには次のものがあります。

  • 二日酔い
  • 依存性がある
  • 生活習慣病になる(肝硬変など)

適度な飲酒なら良いですが、過度の飲酒は控えるべきです。飲み過ぎて身体を壊すと髪の心配をするどころではなくなってしまいます。

薄毛の原因は男性ホルモンの可能性がある

現在薄毛が気になるのなら1番可能性が高いのが男性ホルモンの影響です。薄毛に次の特徴がないかチェックしてみてください。

  • 頭頂部または生え際が薄くなっている
  • 以前より抜け毛が細くなっている
  • 髪のボリュームが減っている

この項目にどれかに当てはまる場合、AGA(男性型脱毛症)になっている可能性があります。AGAになると男性ホルモンが髪を作り出す毛根に強く作用するために髪の成長が邪魔されて薄毛が進行していきます。

男性薄毛で一番多いのがAGAです。40代では3人に1人が自分の薄毛を自覚しているという調査結果がありますがこれらのほとんどがAGAによる薄毛です。自分の薄毛に気がついたのなら一番最初にAGAを疑って下さい。

育毛対策を始めよう

AGAよる薄毛に一番効果的なのはAGAクリニックでの治療です。薄毛治療を専門に行なっている医師から治療を受けることで薄毛が治る可能性は非常に高いです。

AGAクリニックでは男性ホルモンが毛根に作用するのを抑えるプロペシアをはじめとして患者一人一人に合わせて様々な治療を提案しくてくれます。

AGAクリニックでの治療に興味があり、治療の流れや費用などを詳しく知りたいのならそういったことをAGAクリニックのスタッフが説明してくれる無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-食事と育毛
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.