食事と育毛

ビタミンをたくさん取れば抜け毛は減るのか

投稿日:2015年2月3日 更新日:

ビタミンは身体を維持するのに必要不可欠な栄養素です。ビタミンにはたくさんの種類がありますが、それらのほとんどすべてが髪の成長に関係しています。

髪とビタミンの関係

髪が成長するときにどのビタミンがどのように関係するのかを紹介します。

  • ビタミンA:角質を作るのを補助
  • ビタミンB2、B6:皮膚の働きを正常にする
  • ビタミンE:血液の循環を良くする
  • ビタミンH:皮膚を健康に保つ
  • ビタミンB12:赤血球の生成を助ける

このようにビタミンは体の健康に欠かせない成分です。ビタミンが不足すると髪の成長にも影響が現れるのでしっかりと摂取することが大事です。

ただ、過剰摂取は禁物です。例えば、ビタミンAやEを摂り過ぎると髪の成長期が短くなって脱毛症になります。過不足なく摂取することが大事です。

ビタミン不足の影響

自分の抜け毛の原因がビタミン不足にあるのではないかと考える人がいます。確かにビタミンが不足すると髪の成長が遅れますが抜け毛が増えるわけではありません。

それぞれのビタミンが不足すると次のような体に次の影響が現れてきます。

  • ビタミンが不足すると体に次のような影響が現れます。
  • ビタミンA:疲れやすくなる、風邪をひきやすくなる
  • ビタミンB1:肌荒れ、脚気
  • ビタミンB2:皮膚や粘膜の炎症
  • ビタミンC:免疫機能低下
  • ビタミンD:くる病
  • ビタミンE:皮膚の硬化
  • ビタミンH:皮膚炎

次のような症状が現れていないのならビタミンは不足していないということです。体に必要な量のビタミンは食事から取ることができます。3食しっかり食べているのならビタミン不足を心配する必要はありません。

抜け毛の原因は他にある

抜け毛の原因は他にある可能性もあります。男性で一番考えられる原因がAGA(男性型脱毛症)です。

AGAになると男性ホルモンが毛根に強く作用するようになり、髪の成長を邪魔するために抜け毛が増え薄毛が進行します。

頭の薄くなっている部位が頭頂部や前頭部だとまず間違いなくAGAになっています。頭頂部や前頭部が薄くなるのがAGAの特徴です。

薄毛治療がおすすめ

AGAになると自然に治ることはありません。薄毛の進行を止めるのなら男性ホルモンの作用を抑える対策が必要です。おすすめは薄毛治療です。

昔はAGAになれば薄毛の進行になれば止めることはできませんでした。しかし、最近は薄毛の治療方法が確立されつつあります。そのため、病院で適切な治療を受ければ薄毛は治ります。

病院では薄毛に効果のあるプロペシアやミノキシジルといった治療薬が処方されます。これらの薬は多くの人の薄毛に効果を発揮してます。あなたの薄毛にも効果があるはずです。

薄毛治療に興味が出てきたのなら、無料カウンセリングを受けてみましょう。無料カウンセリングとは病院が薄毛治療に興味がある人を対象に開いている説明会のことです。

無料カウンセリングでは、次のことを説明します。

  • 治療の流れ
  • 治療費用
  • 薄毛の原因
  • 薄毛に関する疑問

無料カウンセリングで育毛の相談をしてみよう

薄毛を治すのなら病院での治療以上に確実な方法はありません。無料カウンセリングを受けた上で薄毛治療を始めるかどうかを考えるのが良いでしょう。

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-食事と育毛
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.