食事と育毛

タバコを吸うとハゲるのか

投稿日:2015年1月19日 更新日:

タバコを吸うと肺がんや心筋梗塞などいろいろな病気のリスクが高まることは広く知られています。

その喫煙は発毛にも影響を与えます。どのような影響をあたえるのでしょうか?

喫煙の影響

ビタミン不足になる

タバコを吸うと大量のビタミンを消耗します。

ビタミンには栄養吸収や血行を保つ効果などがあり、髪の環境を保つのに欠かせない成分です。

毛根の代謝低下

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があります。血管が収縮すると血流量が減少して頭皮や毛根の代謝が低下します。

 男性ホルモンの増加

喫煙すると男性ホルモンが増加することが明らかとなっています。

喫煙と男性ホルモンの関係を調べたハーバード大学公衆衛生学部の調査によると、喫煙がアンドロステンジオン、テストステロン(男性ホルモンの1種)やジヒドロテストステロン(DHT)などの、ほとんどすべての主要な男性ホルモンを増加させることがわかったといいます。

20歳若く見える頭髪アンチエイジングp.160より

男性薄毛にとって男性ホルモンの増加は特に深刻な影響を与えます。

AGAは男性ホルモンが原因

生え際が後退する、つむじ付近が薄くなるといった男性によく見られるタイプの薄毛はAGA(男性型脱毛症)によるものです。

AGAになると男性ホルモン(DHT)が髪を生やす毛根に作用して髪の成長を抑えるために薄毛になります。

タバコを吸うと男性ホルモンが増えるのでさらに薄毛の進行が加速されます。

今、薄毛に悩んでいるのならすぐに禁煙することをおすすめします。

同時に薄毛治療を始めよう

タバコを辞めただけでは薄毛は治らないでしょう。

もともと薄毛を進行させるほど男性ホルモンが分泌されている可能性もあります。※タバコを吸わない人にも薄毛の人がいますよね。

禁煙と同時に薄毛治療を始めましょう。薄毛治療とは病院で受ける治療のことです。医療の進歩により薄毛は病院で治る時代になりました。

育毛対策には、生活習慣の改善食生活の見直し、育毛シャンプー、育毛剤などいろいろな方法がありますが、もっとも薄毛が治る可能性が高いのが病院での治療です。医師が診察して治療を行うのですが当然といえば当然ですが。

最近では各地に薄毛治療を専門に行うAGAクリニックが建てられています。治療を受けるのなら丁寧に診察してくれるAGAクリニックがおすすめです。

治療に興味があるのならAGAクリニックで随時開かれている無料カウンセリングを受けてみましょう。治療に関して詳しくなってから実際に治療を受けるかどうか決めましょう。

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-食事と育毛
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.