生活習慣と育毛

ドライヤーを使いすぎると抜け毛が増えてハゲるって聞いたけど

投稿日:2015年1月27日 更新日:

ドライヤーを使いすぎても抜け毛が増えるわけではありませんが髪は傷みやすくなります。

髪の表面にはキューティクルといううろこ状の層に覆われています。洗髪で髪が濡れるとキューティクルがめくれて上がる状態になります。

この状態でドライヤーで熱風を当てると髪は傷みやすくなります。髪が痛むと途中で髪が切れるといったことが起きやすくなります。

正しい髪の乾かし方

だからといって濡れたまま放っておくと気持ち悪いですし、雑菌も増えやすいのでよくありません。髪はしっかりと乾かしましょう。

髪を乾かす時は最初に吸水性の良いタオルを髪に押し付けるようにして水分をタオルに吸わせます。タオルでは髪が水分でまとまらないくらい水分を吸い取ります。

この程度まで吸い取るとキューティクルはだいぶ閉じて普段の状態に近くなります。この状態からドライヤーを使って髪を乾かしましょう。

ドライヤーで乾かすのも8割程度でやめておきましょう。乾燥した髪に熱風を当て続けるもの髪が痛む原因です。

抜け毛が気になるのなら育毛対策を始めよう

抜け毛が気になるのならドライヤー以外にチェックすべき点があります。

  • 細い抜け毛が増えている
  • 髪のボリュームが減っている
  • 生え際や頭頂部が薄くなっている

これらにどれか1つでも当てはまる場合は、AGA(男性型脱毛症)になり始めている可能性が高いです。

AGAになると男性ホルモンが毛根に強く作用するようになり、髪の成長が抑えられるため抜け毛が増えて薄毛になります。抜け毛の原因はドライヤーではなくて男性ホルモンの作用です。

薄毛は男性に多く見られますが彼らのほとんどがAGAによる薄毛です。一度AGAになると自然に治ることはなく薄毛はずっと進行していきます。

AGAを治すのなら病院(AGAクリニック)に行きましょう。薄毛の原因がわかってきたのと同様に効果的な薄毛対策をわかってきています。一番効果的なのは病院で薄毛治療を受けることです。

最近は各地に薄毛治療を専門に行うAGAクリニックが増えてきています。AGAクリニックでは高い発毛効果が確認されているプロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬が処方されます。

これらの治療薬のおかげで多くの人が薄毛を回復させています。病院で治療を受ければ薄毛は治ります。一度無料カウンセリングを受けて薄毛治療について詳しい話を聞いてみてください。

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-生活習慣と育毛
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.