生活習慣と育毛

ヘアカラーは髪を痛めて抜け毛の原因になるの?

投稿日:2015年1月27日 更新日:

最近は髪を染める事への抵抗感も低くなり、多くの人が髪を染めています。しかし、髪にとってあまり良いものではありません。

ヘアカラーは髪の表面を覆っているキューティクルを開き、髪の内側に染料を浸透させることで髪に色がつきます。頻繁に髪を染めると髪が傷んできて切れやすくなります。

また、頭皮にヘアカラー剤がつくと炎症を起こし髪が抜けやすくなることがあります。

薄毛の原因ではない

ヘアカラーは髪にとってあまり良いものではありません。しかし、製品の説明書にしたがって使用するのであれば抜け毛を増やすものではありません。

今、抜け毛が気になっているのなら他に原因があるのかもしれません。1番可能性が高いのがAGA(男性型脱毛症)です。

男性薄毛はAGAがほとんど

男性の薄毛で一番多いのがAGA(男性型脱毛症)です。AGAになると男性ホルモンが毛根に強く作用するようになり、髪の成長を邪魔するために薄毛が進行します。

AGAの特徴は次のとおりです。

  • 生え際が薄くなる
  • 頭頂部が薄くなる
  • 抜け毛が細くなる
  • 髪の薄毛が少しずつ進行している

生え際や頭頂部が薄くなるタイプの薄毛は年配の男性に多く見られます。つまり彼らはAGAになっているのです。

今、薄毛になりかけている気がするのならすぐに育毛対策を始めましょう。何もしないと将来は立派なハゲになってしまうかもしれません。

一番確実な方法が病院での薄毛治療です。医療の進歩により薄毛は適切な治療を受ければ治るようになりました。

日本の各地に薄毛治療の病院が建てられるようになり治療を受ける人も増えています。一度無料カウンセリングを受けてどういった治療なのか詳しい説明を聞いてみてください。

治療を受けるのが早ければ早いほど薄毛は治りやすいです。

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-生活習慣と育毛
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.