生活習慣と育毛

ヘアアイロンすると髪に良くないの?

投稿日:2015年1月29日 更新日:

ヘアアイロンは、ストレートヘアを作ったりカールさせたりするために使いますが最近では女性にかぎらず男性でも使う人が増えています。

ヘアアイロンを使うことでハゲやすくなるのではと心配する人がたまにいます。ヘアアイロンの使い方を間違えると髪を痛めますが抜け毛が増えたり薄毛になることはありません。

熱で髪の毛を変形させる

ヘアアイロンは熱くしたセラミックやテフロンの棒に髪の毛を当てたり巻きつけることで髪の毛の性質を変化させ形を変えます。

髪はケラチンという成分でできています。ヘアアイロンで髪を熱するとケラチン同士の結びつきを切断されるため、ストレートにしたりカールにさせるなど髪の性質を変えることができます。

ヘアアイロンの温度を上げるほど髪を強く変化させることができます。温度を上げることで真っ直ぐにしたりカールにしたりのクセを付けるのがやりやすくなります。

ただ、髪に熱を加えすぎると髪の表面にあるキューティクルが壊れ始めます。髪を保護するためのキューティクルが壊れるとツヤがなくなってバサバサのダメージヘア状態となります。

ヘアアイロンを使うときは髪に熱を加えすぎないように注意しましょう。

ヘアアイロンが影響するのは髪の毛です。一方薄毛に関係するのは毛根です。ヘアアイロンが毛根に関係することはないのでヘアアイロンが薄毛の原因になることはありません。

薄毛の原因は男性ホルモン

薄毛が気になるのなら原因は他にあります。1番可能性が高いのは男性ホルモンの影響です。

歳を重ねると男性ホルモンが毛根に与える影響が大きくなり、髪の成長を邪魔するようになるため抜け毛が増えて薄毛が進行します。

年配の男性には額の生え際やつむじが薄くなっている人を多く見ますがこれらは男性ホルモンが原因の薄毛です。このタイプの薄毛をAGA(男性型脱毛症)といいます。

男性の薄毛はほとんどがAGAによるものです。AGAによる脱毛は自覚のないまま少しずつ進行していきます。抜け毛が増えた、髪のボリュームが以前より減ってきたと感じたのならAGAになっている可能性が非常に高いです。

病院で薄毛を治そう

何も対策を取らないとこのまま薄毛はどんどん進行していきます。AGAが自然に治ることはありません。薄毛が気になりだした人におすすめの育毛対策が病院(AGAクリニック)での治療です。

AGAクリニックでは毛髪治療を専門に行なっている医師が治療を行ってくれます。AGAクリニックでの治療は医療行為として行われます。そのため、育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリといった育毛対策より確実です。

昔と違って今は薄毛を治せます。薄毛のことで悩んでいるのなら思い切って病院に行って治療を受けましょう。

AGAクリニックでは薄毛治療に興味がある人を対象に治療の流れや薄毛の原因などを説明する無料カウンセリングを随時開いています。

治療を受けようか迷っている人は一度無料カウンセリング受けてみて下さい。判断材料を増やしてから考えてみると良い結果が生まれます。

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-生活習慣と育毛
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.