薄毛・抜け毛の原因と疑問

育毛と発毛はどう違うの?

投稿日:2015年1月21日 更新日:

あなたは髪の毛を増やしたいですか?それとも髪の毛を生やしたいですか?

増やすと生やすので取るべき対策は違ってきます。2つの違いを把握しましょう。

育毛と発毛

育毛

髪を増やしたいのなら育毛です。細くなってボリュームが減った髪を太く育てます。

育毛の意味は次のとおりです。

いく‐もう【育毛】

[名](スル)髪の毛を発育させること。髪の毛を増やしたり、丈夫で太いものに育てること。

goo辞書より

まだ薄毛の初期段階でそこまで深刻ではない人が行うべき対策が育毛です。

自分の髪があるけど細くなってしまって髪のボリュームがなくなってしまっているので、髪を太く育てて髪のボリュームを復活させます。

髪が細くなってしまっているのは、男性ホルモンが髪の成長を邪魔しているためです。※男性ホルモンが原因の薄毛をAGA(男性型脱毛症)といいます。

髪を太くするためには男性ホルモンが髪の成長を邪魔するのを防がなくてはいけません。

おすすめの育毛が育毛剤による対策です。最近売られている育毛剤には男性ホルモンが髪に作用するのを抑える成分を配合した製品が売られています。

このタイプの育毛剤でケアすることで髪が太くなる可能性は十分あります。

おすすめの育毛剤を見る

発毛

生えなくなった毛根から再び髪を生やすのが発毛です。

発毛の意味は次のとおりです。

はつ‐もう【発毛】

[名](スル)毛が生えること。「―剤」

goo辞書より

 薄毛がかなり進行していて地肌が見えるくらい薄毛になっている人が行うべき対策が発毛です。

薄毛が進行していくと髪が細くなっていき、ついには髪が生えなくなってしまいます。そのまま放っておくと髪が生えない場所はどんどん広がっていきます。

髪が生えなくなるくらい薄毛が進行すると育毛剤では効果が現れないのでより強力な対策が必要です。

 発毛を目指すのならAGAクリニックでミノキシジルやプロペシアなどの発毛薬を手に入れて治療を行いましょう。

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-薄毛・抜け毛の原因と疑問
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.