薄毛・抜け毛の原因と疑問

脂性の人は薄毛になりやすいの?

投稿日:2015年1月24日 更新日:

頭皮の脂(皮脂)が多いと頭皮に良くない、毛穴が詰まって髪が抜けやすくなると聞いたことがあります。それを真に受けて一生懸命シャンプーして脂を落とそうとしている人もいるようです。

特に脂性体質の人は一生懸命脂を落とそうとする傾向にあります。

皮脂の役割

皮脂とは皮膚の表面で体から分泌された脂と汗が混ざってできた液体で、皮膚の表面に薄く膜を作っています。

あまり良くないものと思われがちの皮脂ですが、実際には重要な役割があります。

皮脂の役割には次のものがあります。

  • 皮膚を外部の刺激から守る
  • 肌の水分が必要以上に蒸発するのを防ぐ(保湿)
  • 皮膚を弱酸性に保ち病原菌を排除する

シャンプーし過ぎると、皮脂を全て洗い流してしまい、上の機能がなくなり頭皮環境が悪化してしまいます。髪や頭皮のためにやっているつもりのことが逆効果になってしまっているので注意して下さい。

過剰な皮脂が脱毛症を引き起こすこともある

適度の量の皮脂は髪と頭皮に必要ですが、多すぎる皮脂は悪影響を与えます。

皮脂が過剰に分泌されると皮脂を栄養とする真菌が増えて、炎症を起こしたりフケを増やしたりするようになります。そうなると毛根にも影響が及び、成長中の髪を休止させ脱毛させるようになります。これが脂漏性脱毛症と言います。

頭皮に湿疹が出たりフケが多くなり、それに伴って抜け毛が増えたら脂漏性脱毛症の可能性があります。深刻な状態になる前に一度病院に行きましょう。

薄毛はAGAの可能性が大

頭皮に異常が無いのに薄毛になっているのならAGA(男性型脱毛症)になっている可能性があります。

AGAになると男性ホルモンが毛根に作用して髪の成長を邪魔するために薄毛が進行していきます。AGAは脂性と関係なく薄毛になります。

少しずつ頭頂部または額の生え際の薄毛が進行している、抜け毛が細くなっているといった症状が表れているのならAGAの可能性が高いです。

病院でAGAを治そう

昔は一度薄毛になると進行を止めることはできず、ドンドン薄毛が進行していきました。

しかし、今は医学の進歩による薄毛のメカニズムがはっきりしてきて、AGAの治療方法も確立されてきています。薄毛治療を専門に行う病院も各地に増えてきました。

薄毛治療を専門に行う病院をAGAクリニックといいます。AGAクリニックではプロペシアやミノキシジルなどの発毛効果の高い薬で薄毛の治療を行います。

薄毛を治したいのなら迷わずAGAクリニックで治療を受けて下さい。クリニックではどういった治療を行うのか無料カウンセリングで説明を行っています。無料カウンセリングで薄毛治療に関する疑問をスッキリ解消してから治療を受けて下さい。

下のページにおすすめのクリニックをまとめました。薄毛治療に興味がある人の参考になると思います。

【決定版】薄毛治療のおすすめ病院ランキング

-薄毛・抜け毛の原因と疑問
-

Copyright© 私はこの方法で薄毛を改善しました , 2017 AllRights Reserved.